ジェネリック医薬品を使ってみましょう。

長期間にわたって薬で治療する場合、ジェネリックと呼ばれる薬を使うと薬代が安くすみます。医薬品の分類

ジェネリック医薬品(後発医薬品)ってな〜に?

ジェネリック医薬品とは医師から処方される薬のなかで、新薬(先発医薬品)の特許期間の終了後、製薬会社が厚生労働省に承認申請し、製造・販売が認められた薬をいいます。
ジェネリック医薬品は新薬に比べて開発費が安くすむため、薬によっては半額くらいになるものもあります。
効果は新薬と同じで、品質・安全性は国によって厳しくチェックされています。

※ご注意

  • 薬の有効性は同じであっても、成分が違うので、人によっては効き目に差が出たり、副作用が出たりする場合があります。
  • すべての薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。
    薬の種類や処方など詳しいことについては、医師や薬剤師にご相談ください。

 

ジェネリック医薬品に関してもっと詳しくお知りになりたい方は…

★日本ジェネリック医薬品学会のホームページ『かんじゃさんの薬箱』
http://www.generic.gr.jp/

★日本調剤『ジェネリック医薬品検索ガイド』
手軽にジェネリック医薬品検索 - ジェネリックガイド

★厚生労働省ホームページ『後発医薬品の使用促進について』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

 
ホームへ ページ上部へ もどる