高額療養費の外来年間合算制度が変わりました

70歳以上75歳未満の方で1年間にかかった外来の自己負担額を個人単位で合算し、年間上限額144,000円を超えた場合に、その超えた金額を支給することで負担を軽減する制度です。

(基 準 日) 毎年7月31日 (死亡の場合は死亡日)
(対 象 者) 70歳以上75歳未満の方で、
・基準日時点の所得区分が「一般」(標準報酬月額26万円以下)の世帯
・基準日時点で住民税非課税世帯のうち計算期間中に「一般」区分に属していたことがある世帯
(計算期間) 毎年8月1日から翌年7月31日までの1年間
(申請方法) 支給対象者の方には、申請書を健保組合から送付します。申請書に必要事項を記入・捺印して、健保組合へ申請してください。
(注意事項) 1) 計算対象となる医療費は外来診療分のみです。健康保険から給付を受けた場合は、その支給額を除きます。
2) 申請できる期間は基準日の翌日から2年以内です。
3) 計算期間中に他の健康保険から異動してきた場合は、異動前の健康保険から「自己負担額証明書」の交付を受けた後、そちらを添付して申請してください。
4) 計算期間中に東武流通健康保険組合から他の健康保険へ異動した場合は、申請により「自己負担額証明書」を交付いたしますので、それを添えて基準日時点に加入している健康保険に申請してください。
※ 3)、4)を申請する方は健保組合へご連絡下さい。被保険者ご本人宛に申請書を郵送します。

高額療養費については医療給付の高額療養費のページをご覧ください

 
ホームへ ページ上部へ もどる