ご家族健診のご案内

 健康保険組合では40才以上のご家族が受診できる「特定健康診査(特定健診)」の受診券を対象者全員に配布することになりました。今回受診券が届いた方は無料で受診できますので以下を御確認の上、特定健診をお受け下さいますようご案内申し上げます。

1.特定健診とは

 特定健診とは、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の発見に的を絞った健診です。事業主(会社)の定期健診や住民健診のような総合的な健診とは内容が異なります。
 この健診の特徴は、内臓脂肪蓄積のレベルを計る為に腹囲を測定することと、脂質異常、高血圧、高血糖のリスクを判定する健診項目となっていることです。これらの結果によりメタボリックシンドローム(もしくはその予備軍)かどうかを判定します。また健診結果でメタボリックシンドロームのリスクありと判定された方は無料で特定保健指導を受けられますので健康保険組合にお問合せ下さい。

2.特定健診対象者について

 2019年3月31日現在の年齢が40歳〜74歳の被扶養者(ご家族)の方が対象です。被保険者(本人)は会社で毎年実施する定期健康診断で特定健診の項目を受診しています。

3.特定健診の受診のしかたについて

①同封の『特定健康診査受診券』について
・お名前(カタカナ表記)をご確認ください。
・裏面に必ずお住まいの郵便番号・住所をご記入ください。
・記載の「有効期限」内にお受けください。(有効期限以降は受けられません)

②医療機関であれば、概ねどこでも受診できます。ご近所の医療機関(内科・外科医院等)から受診先を選び、電話で予約をとります(一部に予約制をとっていないところもあります。)㊟その際、必ず「集合契約」による特定健診を受けたい」とお伝えください。

※時期によっては混み合う場合もございますので、受けたい日の約1か月前までに直接電話で確認することをお勧めいたします。

③電話をした時点で、受診についての説明がありますので、注意事項などをよく聞き、指示に従ってください。

④予約をした後、健診機関から「質問票」が送られてくる場合があります。あらかじめ必要事項を記入して、受診当日忘れずにご持参ください。

⑤受診当日は必ず『特定健康診査受診券』と東武流通健保の「健康保険証」を持参してください。

⑥前年度に特定健診を受診された方で、本年度特定健診を受診希望の方は、前年度の「特定健診結果通知表」(質問票含む)も持参してください(本年度も前年度と同一医療機関で受診する場合は持参する必要はありません)。

⑦受診された方には健診機関から健診結果をお知らせすると同時に「健診結果の見方」「生活習慣病や生活習慣改善に関する基本的な情報」など健康の保持増進に役立つ情報が提供されます。

⑧特定健診の受診については「窓口負担」はありません。東武流通健保が受診料を全額負担します。

【特定健康診査受診券】


※クリックで拡大表示

【特定健診項目】

<基本項目>

◆問診票 服薬歴、喫煙歴等
◆身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
◆理学的検査 身体診察
◆血圧測定  
◆血液検査 ・脂質検査: 中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール又はNon-HDLコレステロール
・血糖検査: 空腹時血糖またはHbA1c、随時血糖
・肝機能検査: GOT、GPT、γ‐GTP
◆尿検査 (尿糖、尿蛋白)

<詳細な健診の項目>

◆心電図  
◆眼底検査  
◆貧血検査  
◆血清クレアチニン検査 (eGFR)のうち腎機能の評価を含む

㊟「詳細な健診」とは、一定の基準の下で医師が必要と認めた場合に実施する検査

 

 
ホームへ ページ上部へ もどる