傷病手当金

被保険者(本人)が業務外の病気やケガの治療のために仕事に就けず、給料がもらえないときは、本人とその家族のために「傷病手当金」が支給されます。

支給を受けられる条件

<支給を受けられるのは以下の4つの条件にすべて該当したときです>

  1. 療養のためであること
    病気やケガのため療養中であること
    *自宅療養でもかまいません。
  2. 病気やけがのため仕事につけないこと
    医師の証明
  3. 4日以上休んだとき
    給付期間を表す図連続した3日間は待期期間として支給されません。
    4日目から支給されます。
    会社の証明
  4. 給料の支払いがないか、少ないこと
    その間支払われている給料と傷病手当金との差額が支給されます。
    会社の証明

 支給される期間

休んで4日目から1年6ヵ月(18ヵ月)目まで
*18ヶ月の間に出勤された日があっても延長されません。

支給金額   

1日につき、支給を始める月以前の直近の継続した12月間の各月の標準報酬月額の平均額の1/30の額(※1)の2/3です。

(加入期間が1年未満の場合は…
・支給を始める月以前の全加入期間の標準報酬月額の平均額の1/30(※2
・当健康保険組合の標準報酬月額の平均額の1/30(※3
のいずれか低い額の2/3です。)
障害厚生年金等を受給している場合は、傷病手当金のほうがその受給額よりも高額の場合に限り差額が支給されます。

手続き

「傷病手当金請求書」に病気療養のため働けないという医師の証明と事業主の休業および給与支給状況の証明を添えて、健康保険組合に提出してください。

東武流通健保の付加給付

【傷病手当金付加金】
1日につき、上記(※1〜3)の該当する額の10%を支給します。

【延長傷病手当金付加金】
1年6ヵ月目以降の6ヵ月間、1日につき上記(※1〜3)の該当する額の30%を支給します。

 
ホームへ ページ上部へ もどる ホームへ ページ上部へ もどる